IT/通信関連のコールセンターについて


IT、通信関連企業の中にも定期的に派遣という雇用形態でコールセンターの求人を募集しているところがあります。IT、通信関連のコールセンターでは主にカスタマーサポート、テクニカルサポート、テレマーケティングの業務を行う会社が少なくないですカスタマーサポートとはその名の通り、顧客サポートをする業務が多く、購入や契約更新の時の相談も受け付けるところが存在します。実際にカスタマーサポートはITに関する知識が少ない人も対応しなければなりませんので、専門用語をできるだけ使わずに説明するところがあります。

テクニカルサポートではアプリケーションの操作や不具合などを担当するサポートセンターになります。基本的にテクニカルサポートでは技術のことに関する知識を相談してくれた人に教えることになるので働く側は一定のITに関する知識を求められます。また、企業の中にはどうしても顧客で解決できないケースでは直接足を運んで問題を解決するケースもあります。

テレマーケティングでは主に市場調査などを行います。また、アンケートなどを実施してサービス利用者の満足度などを確かめます。

このように業種によって対応する内容が異なるので求人を選ぶ時は業務内容を確認して選択します。

〔参考サイト〕コールセンター求人ナビ / コールセンター求人情報掲載

コールセンターの派遣が多い業種には何があるのか


コールセンターの派遣が多い業種として挙げられるのが、金融業です。金融業に含まれる業種として挙げられるのが、リースやクレジット、商品取引などを挙げることができます。実際にコールセンターではクレジットカード利用者の相談を受け付けてくれます。例えば支払日を忘れていて過ぎてしまった方が電話をしてどのように対応すればいいのかなどを相談するケースもあります。また、金融業を営む会社の中には投資商品などを扱い、その商品を紹介するためにコールセンターから今まで利用した顧客に情報配信することもあります

金融業だけでなく建設業においてもコールセンターの派遣を雇うケースが多い業種です。建設業では不動産やビルの管理、住宅機器などを扱う会社がたくさんあります。特に不動産などは高価な商品のため一定期間サポートをする目的でコールセンターを設置している建設業は少なくないです。また、住宅設備を取り扱う企業でもその設備紹介や、ホームページなどで商品を紹介して電話からお問い合わせを承るところもあるので、コールセンターの求人を募集しているところもあります。

その他の業種でもサービスの利用の満足度を高めるためにコールセンターを設ける企業はたくさんいます。

コールセンターの派遣が多い業種について


転職希望者の中にはコールセンターの求人を選択したいと思われる人も多いでしょう。現在では日本では転職を希望する人はいます。例えばアルバイトとして働いている人の中には派遣の方が給与が高い求人が多いので、少しでも時給をアップさせる目的で転職をする人もいます。また、雇用形態を変更する目的ではなく、待遇などに関して現在就業している企業では少し自分に適していないので、待遇を改善する目的で転職を検討する人も少なくないです。

基本的に転職をする時は求人サービスなどを利用する人が少なくないです。現在では求人の紹介をしてくれるところは複数あります。職業案内をしてくれる施設なども各都道府県にあるので、利用をして自分に適している求人を紹介してもらうことも可能です。また、現在では人材紹介サイトや転職サイトで派遣の求人を紹介してくれます。サイトを利用することで自宅から自分に合った求人を探すことができることや、今では求人を紹介するだけでなく、その人の適している求人を提案してくれるサービスを実施してくれるところもあります。更に転職を希望する人の悩み相談なども受け付けるところもあります

実際にコールセンターに転職を希望する人の中にはどのような業種にコールセンターの派遣が多いのか予め知っておきたいと考える人もいるでしょう。もし知ることで自分の求人選びなどに活用できる可能性があります。また、業種によってコールセンターが対応する内容も変わります。今回はコールセンターの派遣が多い業種について紹介します。